1. HOME
  2. TOPICS
  3. 低濃度PCB廃棄物の処理
  4. PCB廃棄物の処分期限とは?

TOPICS

トピックス

低濃度PCB廃棄物の処理

PCB廃棄物の処分期限とは?

人体に強い有害性を持つPCBは、PCB特措法により定められた期間内に処分する必要があります。しかし使用中の機器がPCB廃棄物に該当しているかは、調査しないとわかりません。

本記事ではPCB廃棄物の基礎知識から分類別の処分期限、処分に関する注意事項をまとめました。

PCBとは?

PCBとはPoly Chlorinated Biphenyl(ポリ塩化ビフェニル)の略称です。

水に溶けにくい、沸点が高いなど、科学的に安定した性質を持っています。一時期は変圧器やコンデンサーなどに使用されていましたが、人体への毒性から1972年から製造、輸入ともに禁止されています。

PCB廃棄物の種類

PCB廃棄物とはPCBを含んでいる製品であり、PCB濃度によって高濃度PCB廃棄物、低濃度PCB廃棄物などに分類されます。

高濃度PCB廃棄物は中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)、低濃度PCB廃棄物については環境大臣が認定する無害化処理認定施設及び都道府県知事等が許可する施設で処理しなければいけません。

それぞれの詳細は、次の通りです。

高濃度PCB廃棄物

PCB濃度が0.5%(=5,000mg/kg(=ppm))を超えるものは高濃度PCB廃棄物に分類されます。

代表的な高濃度PCB廃棄物は変圧器、コンデンサー、安定器などです。高濃度PCB廃棄物は中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)にてプラズマ溶融処理をおこなう必要があります。

低濃度PCB廃棄物

低濃度PCB廃棄物はPCB濃度が0.00005%(=0.5mg/kg)を超え0.5%以下のものです。

ただし、紙くずや汚泥など可燃性のPCB汚染物については、10% (=100,000mg/kg)も低濃度PCB廃棄物に分類されます。高濃度PCB廃棄物より存在量が多く、環境大臣が認定する民間の処理施設や都道府県知事等が許可した施設で処理がおこなわれます。

PCB廃棄物の処分期限

PCB廃棄物は平成13年6月22日にPCB特別措置法が公布され、期限内に適切な処分をおこなうことが義務付けられました。

高濃度PCB廃棄物と、低濃度PCB廃棄物それぞれの処分期限については、次の通りです。

高濃度PCB廃棄物

高濃度PCB廃棄物は、2023年3月31日をもって全エリアで処分期限が終了しています。高濃度PCB廃棄物を発見した場合は、YAMANI PCBまでご連絡ください。

低濃度PCB廃棄物

低濃度PCB廃棄物もPCB特別措置法によって処分期限が2027年3月31日に定められています。古い電気機器を使用している場合、まずはPCB廃棄物に該当するか調査を依頼しましょう。

PCB含有が判明したら、速やかに届出を出してください。また、処分は民間の無害化処理事業者へ委託しておこないます。

処分する際の注意点

08_4

PCB廃棄物に該当する電気機器は使用中でも設置場所を管轄する産業保安監督部に遅延なく届出をする必要があります。 保管および処分状況も、毎年自治体に届出しなければいけません。

また、PCB廃棄物を所有する事業所も最終的な処分がおこなわれるまでは責任が発生します。委託する業者が正規の認可を受けているか、事前に十分な調査をおこなってください。

期限内に処分できなかったらどうなるのか

PCB廃棄物を期限内に処分できないと、法律によって罰則が与えられます。

罰則は違反行為によって異なりますが処理期限内に適正処理がおこなわなかった、もしくは改善命令に従わなかった場合は3年以下の懲役、1千万円以下の罰金、もしくはその両方です。

また届出をしなかったり、虚偽の届出をした場合も罰金や懲役があります。

【まとめ】

罰金や懲役もあるため、早めに処理業者に依頼しましょう。山二ではPCB廃棄物の発掘から最終処分まで、一括して対応が可能です。

PCB廃棄物でお困りの場合は、ぜひYAMANI PCBにご相談ください。

関連記事

お問い合わせを閉じる
お問い合わせはこちら